記事一覧

対北開戦の前に日韓仲間割れを防ぐために竹島は沈めておくべきか?

 半島は戦争が絶えない。
 半島の住民は強者になびくのがうまい。
 半島にある韓国もしかりである。
 昔は中国に、一時期はモンゴルに、ついこの間までは日本に、現在はアメリカに従っている。
 良く言えば世渡り上手、悪く言えば裏切り者である。

 現在の日韓不仲の原因は、第二次世界大戦である。
 戦後、日韓同胞を分断するためにアメリカが作り、対米追従韓国歴代政権が、これでもか!まだやるか!やりすぎだ!かまわないぜ!と、育て上げたものである。
 そのため、竹島を沈めたぐらいで両国の不仲が解消されることはない。
 そんな小島を沈めたところで、慰安婦・強制連行・仏像その他は残ったままである。
 対北で信用できないのは中露だけではない。
 最も信用できない国が隣にあるのである。
 敗戦後でも平然と日本を裏切り、親日派を処刑しまくって戦勝国のふりができてしまう、ものすごい国がすぐ隣に存在するのである。
関連記事
スポンサーサイト