記事一覧

防衛省は日本の大災害よりアメリカを守るための安全保障を優先したのか?

 日本は北朝鮮と交戦していない。
 アメリカが交戦しているのである。
 北朝鮮のICBMはアメリカ向けなのである。
 日本が騒がない限り、北朝鮮に狙われることはない。
 北朝鮮のミサイルで日本国民が死んだことはない。
 毎年のように多くの日本国民の命を奪っているのは、北朝鮮ではなく、災害なのである。
 日本とすれば、どちらの脅威を優先すべきはわかりきっているはずである。

 にもかかわらず、防衛省日本よりアメリカを優先している。
 日本で起こった大災害より、アメリカをミサイル攻撃から守ることに全力である。
 当然であろう。
 自衛隊は日本の意のままにならないのである。
 アメリカの都合で創られた、「アメリカの私兵」なのである。
 そのため野党も責める訳にはいかない。

 それでも、防衛省内では、悔しい思いをしている方々がおられるであろう。
 アメリカの戦争ではなく、日本の平和のために働きたいまっとうな方々が、豪雨のごとく大粒の涙を流しておられるであろう。

関連記事
スポンサーサイト