記事一覧

米ロッキードマーチン社からステルス戦闘機「F35A」(価格150億円超×42機)を購入する日本

 これからの戦争は、無人機とミサイルとサイバーであろう。
 今時、優秀なパイロットが一瞬にして命を散らすような危ない戦闘機は時代遅れであろう。
 アメリカはそれを知っているから、「在庫処分」したかっただけであろう。
 しかも「ぼったくりバー」もびっくり!の1機につき50億円超の値上げである。
 かつて汚職事件で名をはせたロッキード社は、今回はいったい誰と誰と誰と誰と誰にカネを配ったのであろうか?
関連記事
スポンサーサイト