記事一覧

ヒアリはかわいそうなのか?

 かわいそうと思うのは誰でもできる。
 かわいそうな者を助けられないのが現実なのである。

 ヒアリかわいそうであろう。
 彼らは悪いことをしたわけではない。
 まだ本土で日本人を刺したわけでもない(アカカミアリは刺したが)。
 彼らはまだ殺人犯でも傷害犯でもない、ただの密入国者である。
 人間なら強制送還ぐらいなのに、
「ヤツラは危険分子だ!見つけ次第殺せ!ホロコーストだ!」
 と、戦前の治安維持法に封建時代の連座制を絡める大虐殺命令なのである。

 アリやハチの駆除ほど心痛むものはない。
 彼らは働き者である。
 守るべき王のために一所懸命である。
 巣を守るためなら、玉砕もいとわないのである。
 そんな健気な彼らに、人間は汚い手の応酬である。
 新兵器を駆使しての皆殺しである。
 何が害虫条項であろうか?
 そんなものは人間が勝手に作ったものではないか!
 人間は善ではない!
 勝者ゆえに善のふりをしているだけであろう!



ヒアリ
関連記事
スポンサーサイト