記事一覧

日本が外国への投資で最も力を入れるべきことは何か?

 仕事の基本は会話であり、言語であり、コミュニケーションである。
 日本が外国への投資で最も力を入れるべきことは、日本語圏の拡大である。
 日本人は勘違いしている。
 日本は外国で仕事をするために英語や現地語を学ぶが、これが二度手間で回り道だということに気づいていない。
 日本人は最初から英語圏人や現地人に遅れを取っているのである。
 いらぬハンディーを追わないためには、日本人が外国語を学ぶのではなく、あらかじめ外国人に日本語を教えておくことであろう。
 そうしておくだけで、日本語仕事をしているすべての人の商機が拡大するのである。
 日本はアフリカなどで中国と対抗しようとしているが、このままでは勝ち目がない。
 中国に勝つためには、日本語圏中国語圏より拡大させることであろう。
関連記事
スポンサーサイト