FC2ブログ

記事一覧

仮設住宅は高台に建設すべきか?


「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

 仮設住宅を高台に建てようとすれば用地を確保しにくい。
 確保できたとしても、自然を破壊すれば、新たな災害や問題が生じてくる。
 それ以前に、漁民が高台に住むのは不便である。

「高台=津波が来ない」場所ではない。
 高台でも、それより高い大津波が来れば飲み込まれてしまうわけである。
 高台よりも安全な場所を忘れてはいないであろうか?

 そうである!
 波の上である!
 海上に「浮島仮設住宅」を建てれば、用地を確保する手間もカネも必要ない!
 最初から波の上に住んでいれば、絶対に津波に飲み込まれることもない!
 たとえ大津波が来たとしても、ほんのちょっと眺めが良くなるだけである!

 海の上に自宅があれば「在宅勤務猟師」も可能である。
 自宅に動力を付ければ「在宅遠洋漁業」も可能である。
 休日には「出不精旅行」も可能である。
 ありとあらゆる浮島を連結すれば「浮島海上都市」が完成する。

 これは契機である!
 国民は海へ出るべきである!
 日本の海は無限に近い!
 日本は今こそ「竜宮城国家」を目指すべきであろう!



● 竜宮城計画 ●
 http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/57582821.html
 http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/59268164.html
 http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/59422033.html
 http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/59848452.html
 http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/60907234.html
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の現代版です。

月別アーカイブ

  • Archives »