FC2ブログ

記事一覧

おわび行脚をする清水正孝東電社長


「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

 物事には時間差がある。
 責任を取らされるのは、常に未来の人である。
 過去の人の責任を、現在の人が取らされるのである。
 だからこそ、人は無責任にもなれるのだ。

 被災者は哀れであるが、清水社長は惨めである。
 仕方ないこととはいえ、世界有数の超大企業の長が、あのザマである。
 赤の他人でもウルッとくるのに、当人の心境はいかほどのものであろうか。

 それでも、社長は得るものがあるはずである。
 ちやほやされている普段の生活では分からない多くのことを発見できるであろう。
 たとえば、平民目線でおわびをすれば、本当に良い人と悪い人とを判別することができるであろう。
 そうやって得た様々なことを、今後の経営に生かしていただきたいものである。
 もちろん、その前に事故の被害者にすべきことがあるであろう。
 そうである!被害者たちの心に明かりを点けることである!
 このことは、東京電灯の伝統を受け継ぐ貴社にとって、まさに本業ではあるまいか?



● 清水正孝東電社長 ●
 http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/60881230.html
 http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/60937797.html
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の現代版です。

月別アーカイブ

  • Archives »