記事一覧

財務省「『国の借金』は国民一人当たり830万円になりました」

 財務省の言っていることは何重にもおかしい。
 借金を国民全員に分配する場合、貧困層など返済能力がない人々は外さなければならないため、残る国民一人当たりの返済額は何千万円にも膨れ上がるはずである。
 そうなると、中間層も返済能力がなくなるため、残る富裕層一人当たりの返済額は億を超えるはずである。

 その前に、官の借金を民が負担するのがおかしい。
 官の借金は、官吏以外には返済義務はないはずである。
 しかも、「預金」や「資産」は分配しないのに、借金だけを分配するとは何事であろうか?
 タックスヘイブンに隠してある分も、この際、あからさまにしてほしいものである。



国の借金
関連記事
スポンサーサイト