FC2ブログ

記事一覧

仙谷・馬淵両大臣は辞任すべきか?

 辞任すべきではないであろう。
 前にも述べたが、この二人に共通する問責事案は、一連の尖閣諸島問題である。
 よって、もしこの二人が辞任するようなことがあれば、あの、海保の巡視船に漁船をぶつけてきた其雄(せんきゆう)船長の手柄になってしまうのである!
 日本国民は悔しくないのであろうか!
 あんなつまらない男に、あんなヘラヘラしたニセ英雄に、この国の事実上の総理と、新進気鋭の将来有能な大臣がばらされようとしているのだぞっ!
 あんな酔っ払いに、あんな非道な当たり屋に、あんなチンケなヘンテコな漁船に、このニッポンの政府が撃沈されてしまったら、それこそ世界の大恥赤恥超絶大バカヤローであろう!

 よーく考えてみてほしい。
 尖閣諸島は盗られたわけではないのである!
「尖閣ビデオ」の暴露によって、日本は尖閣諸島を死守し、いまだに実効支配を続けているのである!
 このどこに問題があるのであろうか?

 確かに、民主党の尖閣での事件の対応は誤っていたであろう。
 しかし、自民党はこれを非難できる立場であろうか?
 そもそも中国が尖閣諸島をねらい始めたのは、自民党政権が北方領土を取り返せなかったからではないか!
 何十年もの間、自民党政権が北方領土を取り返せなかったからこそ、韓国になめられて竹島が盗られ、中国にもなめられて尖閣もねらわれるようになったのではないか!
 それを棚に上げておいて、何が問責であろうか?
 真に問責されるべきは、すべての領土問題の根源である北方領土のほうであろうっ!

 だいたい国会の仕事とは何であろうか?
 大臣や総理の足を引っ張るのが最重要案件なのであろうか?
 数か月前を思い出してみろ!
 その一年前を思い出してみろっ!
 そのまた一年前を思い出してみろっ!
 誰に代わっても同じことであろう!
 どーせまた数か月後に、一年後に、またまた同じことをやっているに決まっているのだっ!

 日本はいったい何をやっているのであろうか!
 今、日本は、こんな「年中行事」をしている場合であろうか?
 今何をすべきか、もっと真剣に考えるべきであろうっ!



● 仙谷由人官房長官 ●
 http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/59034881.html
 http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/59366160.html
 http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/60416369.html
 http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/60416829.html
 http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/60439326.html
 http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/60456896.html
 http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/60485944.html
 http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/60499522.html
 http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/60509049.html
 http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/60530502.html
 http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/60532258.html
 http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/60532260.html
 http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/60532832.html
 http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/60556683.html
 http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/60558767.html
 http://www.geocities.jp/rekishi_chips/sengoku1.htm

● 馬淵澄夫国土交通相 ●
 http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/60313415.html
 http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/60556683.html
 http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/60558767.html
 http://www.geocities.jp/rekishi_chips/giso1.htm
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の現代版です。

月別アーカイブ

  • Archives »