記事一覧

人種差別は白黒つけるべきか?

 美しいものは見たいものである。
 醜いものは見たくないものである。
 好きなものは好きなものである。
 嫌いなものは嫌いなものである。
 内の問題はどうしようもない。
 外に出してはいけない場合があるだけである。

 アメリカ人種差別は理解できない。
 醜い白人もいるし、美しい黒人もいるのである。
 好き黒人もいるし、嫌い白人もいるのである。
 にも関わらず、肌の色だけで白黒つける意味が分からない。

 暴力は悪である。
 差別は必ずしも悪とは限らない。
 誰でも、食べ物や飲み物やおもちゃや友人や恋人や志望校や就職先などを決める時は、差別して決めるものであろう。

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
「歴史チップス」の桜田史弥です。

にほんブログ村 政治ブログ 世相批評へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村