記事一覧

「総理の意向」を含む「加計文書」は存在したのか?


 権力に対するウソは、命取りである。
 が、権力側のウソは、そうならない。
 権力側はウソをねじ曲げることができる。
 それも「御意向」というヤツであろう。

 いわゆる「加計文書」について、官邸は、
「文科省に調べさせたがなかった」
 と、言っている。
 が、前の文科省トップ前川喜平氏は、
「確実にあった」
 と、反論している。
 つまり、どちらかがウソをついていることになる。
 みなさんはどちらだとお思いであろうか?

「はーい!ウソツキは官邸でーす!」
 とは、私は答えない。
 これもまた、総理の御意向に対する忖度(そんたく)である。
 メディアもみなそうであろう。
 今はみなそうである。
 ただし、歴史はウソを許すまい。
関連記事
スポンサーサイト