記事一覧

化学兵器使用疑惑のシリア軍基地にミサイル攻撃したアメリカ

 シリア軍基地攻撃は、トランプ大統領の指示というより、ペンタゴンの思惑であろう。
 モスルなどの誤爆非難を、「正義」で封じたに過ぎない。

 懸念すべきは日本政府の危うさである。
 総理はシリア軍が化学兵器を使った証拠をつかんでいないにもかかわらず、
「米政府の決意を支持する」
 と、表明したのである。
 口を固くすべきは、森友ではなくこちらであろう。
関連記事
スポンサーサイト