記事一覧

ヒロシマを訪問したオバマ米大統領

 画期的なことには違いない。
 実際にヒロシマを見ることによって、核使用にためらいが生じるようになったはずである。
 この点では、核のボタンを握っている他の面々にも見せてやるべきであろう。
 核テロを目指している連中にも、見せつけてやるべきであろう。
 核兵器を作ったり売ったりしている人々にも、目に焼き付けてもらうべきであろう。、

 しかしである。
 アメリカ核の傘下にいるとされる日本からすれば複雑である。
 抑止力というものは、
「いざという時は使うぞ」
 という脅しがあって初めて効力を成すものである。
「使わないぞ」
 ということになれば、核の傘の下にいる意味はない。
 本当はそれが一番いいのである。
 建前はいいのであるが、本音で納得いかない人も多い。

 オバマ大統領は、核肯定派の人々も安心させている。
「(核廃棄は)私が生きているうちはムリ」
 これを将来の歴代大統領が継承すれば、永久に核廃棄はかなわない。
 前述したはずである。
 政治家のノーベル平和賞受賞者は、みんな偽善者なのである。
関連記事
スポンサーサイト