記事一覧

「原爆投下大戦早期終結説」に反論する

 いまだアメリカには、
原爆が第二次大戦を早期終結させたのだ」
 というふざけた説がまかり通っているが、反論するしかない。
 前述したが、第二次大戦を早期終結させたのは、昭和天皇の御聖断である。
 昭和天皇が、
「続けよ」
 と、のたまっておられたら、たとえ何発何十発何百発原爆を落とされようと日本は徹底抗戦していたはずである。
 原爆投下が大戦を早期終結させたわけではないのである。

 では、「御聖断」がなかったら、どうなっていたであろうか?
 原爆の効果は最初だけであった。
 大都市攻撃には向くが、その後はやりようがない。
 疎開先の田舎まで原爆で逐一撃破し尽くすことはできない。
 核攻撃を重ねれば、核特攻で返される恐れも出てくる。
 核研究を行っていた日本に材料を与えることにもなったであろう。

 当時の日本領は、本土だけではなかった。
 日本軍はアジア各地に展開していた。
 これら都市にも次々と原爆を落とすつもりだったのであろうか?
 そんなことをしていれば、南京どころの騒ぎではない。
 アメリカはアジア諸国の憎悪の的になったであろう。

 現実では、日本降伏後にアジア諸国が次々と独立した。
 しかしもし「御聖断」がなければ、これら独立運動は日本軍が主導したはずである。
 その結果、アジア各地に日本軍による反米傀儡核保有国家群が乱立したであろう。
 欧州に虐げられてきた中東・アフリカ諸国もこぞって日本になびいたであろう。 
 各国は、
連合国に大戦と植民地時代の賠償を請求せよ!」
 で一致し、
「賠償しないなら核で倍返しだ」
 と、連合国征伐に動いたであろう。
 もちろん、ソ連以下東欧諸国も喜んで参戦である。
 波打ったように西洋諸国も裏切り、アメリカとの核戦争が勃発したであろう。
 結果、双方の大都市は壊滅するが、孤立したアメリカ降伏するしかなくなったであろう。
 日本はアメリカに永久不戦を誓わせたアメリカ国憲法を与え、皇室の誰かを送り込んでアメリカ国の象徴としたであろう。
 そして、放射能に覆われた世界は、本気で核廃絶を望むようになったであろう。



原爆
関連記事
スポンサーサイト