記事一覧

北朝鮮を「完全に破壊」してもいいのか?

 トランプ大統領の国連演説には驚愕(きょうがく)した。
 彼の演説は非難されているが、アメリカの本音であろう。
 かつてアメリカは敵国を「完全に破壊」した前歴がある。
 日本全国を焦土化し、核兵器までぶち落とした前科がある。
 北朝鮮の問題では、悪いとすれば金正恩委員長である。
 北朝鮮の民には何の罪もない。

 情けないのは日本である。
 官は暴力団抗争の一方の「組長」に尻尾を振っているのに、民は無関心である。
 メディアもこれには触れようとせず、
トランプ大統領が演説で拉致問題を取り上げてくれた!」
 ことに喜んでいる。
 拉致は先代の罪であって、当代の罪ではあるまい。
 過去と現在を区別すれば、戦中の罪状が何度でも復活することはない。

 天皇皇后両陛下が私的な旅行で高麗神社(埼玉県日高市)に行かれたという。
 高麗神社といえば高句麗の王族を祭る神社である。
 高句麗は北朝鮮にあった国なのである。
 両陛下はいったい何をお祈りされたであろうか?
関連記事
スポンサーサイト