FC2ブログ

記事一覧

政府はいつまで熊本を停滞させておくのか?

 5年前、私はこのブログの前身「時事陳腐っす」で、「最も地震に強いのはどんな家か?」という小話を書いた。
テントが最強!」
 と、いうオチであったが、熊本地震の状況を見てからは、冗談ではなかったような気がしている。
 これまでは、「震度7に耐えられる建造物」で、よかった。
 しかしこれからは、「震度7が何度来ても耐えられるような建造物」を、造らなければならなくなった。
 住宅や会社、その他すべてのインフラを構築し直さなければならないのである。
 そんなことができるのであろうか?
 仮にできたとしても、地球はさらにその上をねらってくるのではあるまいか?

 安倍政権は北海道の衆院補選で勝って勝利宣言をした。
 が、京都では不戦敗だったのだから、一勝一敗のはずである。
 ただし、仮に与党が京都で参戦していたとしても、私は勝ったように思えてならない。
 しょせん、政権奪還までしか考えていない野党とは、次元が違うのである。
 国民は与党に頼るしかないのであるが、その与党がこのザマである。
保育園落ちた」どころの騒ぎではない。
「自宅壊れた。○○死ね!!!」
「会社つぶれた。○○死ね!!!」
「借金できた。○○死ね!!!」
「学校行けない。○○死ね!!!」
 口には出さないだけで、そんな思いの人がゴロゴロしているのである。
 政府は熊本を停滞させたまま、放ったらかしにしているとしか思えない。

 安倍政権一億総活躍社会を目指すのではなかったのか?
 本気でそう考えているのであれば、指一本で活躍できる方法があるのである。
 国民に端末を配り、災害や戦災時の疎開先を決めておけばいいのである。
 この好機に、まず熊本で始めればいいではないか。
 そうすれば、子供はすぐにでも勉強でき、大人はやれる仕事から始めることができるであろう。

 この状態がいつまで続くかは、地震学者でも分からないのであろう。
 また震度7が来ないとも限らないのであろう。
 数十年続けば、人生は終わってしまうのである。
 このまま停滞が続けば、日本全体が沈んでしまうことにもなりかねないであろう。
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
「歴史チップス」の桜田史弥です。

にほんブログ村 政治ブログ 世相批評へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村