記事一覧

なぜ米軍のオスプレイが熊本の被災地救援に向かうのか?

 オスプレイの宣伝のためである。
 米軍は「新型輸送機MV22オスプレイ」をお披露目するはずだった鹿屋基地での航空ショーが熊本地震のため中止になったため、
「だったら被災地でお披露目」
 と、方針転換したのであろう。

 沖縄からのオスプレイの出動は、ネパール地震で前例がある。
 しかしこの時のオスプレイは、着陸の際の爆風で周辺の建物を破壊してしまい、現地紙「カンティプール」から、
「使えねぇー」
 と、こき下ろされていた。
 そのため、その時の汚名返上もしたいのであろう。

 気になるのは、熊本地震が継続中なことである。
 米軍の支援といえば、東日本大震災での「トモダチ作戦」を思い出すが、この時は一部米兵が、
「兵士たちが被曝(ひばく)した」
 として、作戦費を上回る巨額な賠償金を請求してきたものであった。
 今回もし米兵に何かあった場合も、べらぼうな賠償金を請求してくることは間違いないであろう。 



オスプレイ
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
「歴史チップス」の桜田史弥です。

にほんブログ村 政治ブログ 世相批評へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村