記事一覧

結局、森友学園問題のどこが問題なのか?

 ゴールがないところであろう。
 現状では、犯罪者は誰もいない。
 誰かを犯罪者に仕立て上げたところで、その人だけが悪いとは誰も思わない。
 公平に曖昧(あいまい)にするか、不公平に禍根を残すしかない。

 森友学園問題だけが問題ではないことも問題であろう。
 加計学園もそうであろうが、まだまだ発覚していないものも多々あるはずである。
 たとえそれらが表に出たところで、ゴタゴタしてもウヤムヤにされ、葬られていくだけであろう。
 共謀して「完全犯罪」を作り上げられる体制が続く限り、同じことは繰り返されるであろう。

 だからといって、国は黙っているわけにもいくまい。
 いくらがごまかそうと、が不当にの財産を収奪したのは事実なのである。
 やはり、の横暴を止めさせるためには、を縛る法律に作らせるべきであろう!
関連記事
スポンサーサイト