記事一覧

安倍首相は憲法改正に本腰を入れるのか?

「ケンカをするな」
 という決まりから、
「ケンカをしてもいい」
 という決まりに変更するのは、改正とは言わない。
 改悪というのである。

アメリカに押し付けられた憲法」
 というのなら、捨てるのが常道であろう。
 何ゆえ捨てずに、いじって使い続けるのか?
 この国には、押し付けられていない憲法も併存するではないか。

 戦争ができる国になるのは意味がない。
 戦争をやるからには、勝てる国にならなければどうしようもない。
 最善は不戦であり、次善は常勝である。
 その下はもう、悲惨しかないのである。

 自民党の公約の最後に載せているが、改憲こそが総理の本丸であることはみな気づいている。
 が、安保に沿ったアメリカ言いなりの改憲では、常勝はかなわない。
 勝てない戦は避けるのが普通であろう。

 それでもやるというのであれば、何か深刻な理由があるはずである。
 表では北朝鮮が盛んに脅しをかけているが、裏ではアメリカから盛んに脅しをかけられているのであろう。
 首相在任中、総理が一番悔しかったことは何であろうか?
 後藤健二さんの件ではあるまいか?



安倍晋三
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
「歴史チップス」の桜田史弥です。

にほんブログ村 政治ブログ 世相批評へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村