FC2ブログ

記事一覧

イラクでの空自の活動は違憲か?

 言うまでもない。
 いかに「平和的活動」とはいえ、「永久不戦国家」である日本の「超法規的軍隊」が、日本国民の血税を湯水のごとく使い、日本では子供の小遣いからもえげつなく徴収している消費税すらビタ一文も納めていない他国民のために、いまだ無償で大金をばらまいていることは、きわめて不自然で理不尽で不合理極まりない事態である。

 カネだけの問題ではない。
 いったい誰が北朝鮮人民軍による日本国内での平和的活動を許可するであろうか?
 空自のしていることは、それと同じことであろう!

 かつて自衛隊が外国へ行っているとき、日本国民は地震で困窮していた。
 かつて自衛隊が外国へ行っているとき、日本国民は台風で困窮していた。
 かつて自衛隊が外国へ行っているとき、日本国民は大雪で困窮していた。
 現在も自衛隊が外国で石油をタダで配っているとき、日本国民は石油高騰に困窮し、暫定税率などという微々たるものに一喜一憂させられている。
「そんなことないですよ~。自衛隊は日本にも残っていますよ~。すごい活躍していますよ~」
 確かに活躍はしている。
 が、彼らのしていることは談合であり、接待であり、機密漏洩(ろうえい)であり、漁船破壊ではないか!目の前で行方不明になった自国民一人も見つけられずに、何が海外派兵であろうか!何が国際協力であろうか!

 もちろん悪いのは一部の人々だけであろう。一所懸命やっている方は圧倒的多数のはずである。
 が、在日米軍でも一部の人が不祥事を起こせば、外出禁止令を発令するのである。
 アメリカがなんと言おうが、それこそそんなの関係ねえ。今こそ自衛隊も海外への外出禁止令を発令し、全軍日本へ尻尾を巻いて総撤退すべきであろう!

 日本はアメリカを怖がる必要はない。
 アメリカが日本を怖いのである。
 だからこそ、アメリカは日本を同盟国という名の属国にし、不戦国家にするしかなかったのである。
 そう。アメリカが日本を永久不戦国家にしてくれたのである。
「海外派兵?できませんねー。うちは永久不戦国家ですから~。あんたの望みどおりの国になったんですから~」
 日本にそう言われて、アメリカはそれ以上何が言えるであろうか?
 何も言えるはずがない!

 それともアメリカは日本を再び軍事国家にしたいのであろうか?
 したいはずがないであろう!
 アメリカもバカではない。誰が自ら悪魔を起こすようなことをするであろうか?
 アメリカはまだ、滅亡したくはないはずである。



● 撤退味 ●
 http://www.geocities.jp/rekishi_chips/tettai1.htm

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の現代版です。

月別アーカイブ

  • Archives »