記事一覧

米韓合同軍事演習vs北朝鮮ミサイル発射

 贔屓(ひいき)は喧嘩(けんか)のもとである。
 そのため、国際連合は二重基準を連発する。
 紛争が続く限り、国際連合が食うに困ることはない。

 北朝鮮のミサイル発射報道には悪意を感じる。
 米韓合同軍事演習には騒がず、北朝鮮のミサイル発射にだけ騒いでいる。
 日本政府の厳重抗議にも悪意を感じる。
 米韓合同軍事演習は非難せず、北朝鮮のミサイル発射だけを非難している。
「北朝鮮が日本海にミサイルを発射しました!ほら見なさい!北朝鮮は極悪ですよっ!」
 ププッ!
 国際連合がしていることと同じではないか!
 米韓朝は戦争をしているのである!
 朝鮮戦争はまだ終わっていないのである!
 敵に対して威嚇(いかく)し合うのは当然ではないか!
 一方だけを口撃するのは、平和国家のすることではないであろう!
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
「歴史チップス」の桜田史弥です。

にほんブログ村 政治ブログ 世相批評へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村