FC2ブログ

記事一覧

富岡茂永元宮司が遺書に書いた「怨霊」とは何か?

 怨霊とは非現実的である。
 現実的には「共犯者」であろう。
 富岡茂永元宮司は襲撃後の自殺は決めていたようである。
 もし、富岡長子宮司が生きながらえた場合は、「共犯者」が引き続き彼女の命を狙い続けたということであろう。



富岡八幡宮
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の現代版です。

月別アーカイブ

  • Archives »