記事一覧

第4回WBC侍ジャパンはなぜ準決で負けたのか?

 運がなかっただけであろう。
 雨がアメリカに味方したのである。
 投手の球をキレッキレにし、天然芝のグランドをベッタベタにしたのである。
 実力の差はあるまい。
 今回の戦いは、どこが勝ち上がってもおかしくないチームばかりであった。
 その中にあって、日本は全勝で準決勝まで勝ち上がってきた。
 日本はできすぎたのである。
 実力以上の意識を無意識に持ってしまったのである。
 優勝した第1回と第2回大会は、予選で敗れていたため余裕がなかった。
 余裕がなかったからこそ、最後まで張り詰めていられたのであろう。
関連記事
スポンサーサイト