記事一覧

日本国民が衆院定数削減だけで消費増税に賛同するはずがないではないか

 ナイフを向けた。
 は、
「刺さないで!」
 と、懇願した。
 するとは、自身にナイフを向けて提案した。
「じゃあ、俺も身を切って少し血を流すから、その後でお前はブッスリ刺されて大出血してくれ」

 消費増税するから衆院定数削減とは、そういうことであろう。
 は何兆円も増税されるのである。
 は何億円しか削減されないのである。
 の出血がの万倍では、御恩奉公の関係は成立しない。

 が、本当の問題はそこではない。
 は少し損をする。
 は大いに損をする。
 では、が損した分はどこに行っちまうのか?
 外国でしょ!
 これこそが、一番の大問題なのである。
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
「歴史チップス」の桜田史弥です。

にほんブログ村 政治ブログ 世相批評へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村