記事一覧

日本の制裁強化に怒って拉致問題調査を放棄した北朝鮮

 仲良くしながらケンカはできない。
 対北外交の「対話圧力」はありえない。
 二兎追う者は一兎も得られない。
 どちらかに決めなければ前に進めない。
 日本ファイティングポーズを取った。
 北朝鮮ファイティングポーズで返した。
 日本ケンカに決めたのである。
 珍しく外交北朝鮮に勝ったのである。
 決して口には出せないが、日本政府はシメシメである。
 拉致問題が解決しなければ、北朝鮮戦後賠償をせずにすむからである。
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
「歴史チップス」の桜田史弥です。

にほんブログ村 政治ブログ 世相批評へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村