記事一覧

そもそも「慰安婦問題」とは、「慰安師問題」ではないのか?

 看護婦は看護師に変えたのである。
 スチュワーデスは客室乗務員に変えたのである。
 保母は保育士(保育師)に変えたのである。
 なのになにゆえ慰安婦慰安師に変えないのか?
 人権問題を叫ぶ前に、まずは看板の誤記を訂正すべきであろう。

 古来、戦争では多くの女性が性の犠牲になってきたという。
 しかし本当は男性も犠牲になってきた。
 女性を連れていけない戦場では、男性が「代用」されてきた。
 足利歴代将軍は男色家だらけである。
 戦国武将の男色話も多い。
 武田信玄は現代になってオトコへのラブレターを暴露された。
 井伊直虎は「男性説」があるが、井伊直政には「家康のオトコ」説があるという。
 もちろん双方納得していれば問題あるまい。
 そうでない場合も多々あったであろう。
 近代戦争でも同じである。
 戦場では女性なんかほとんどいない男祭りなのである。

 女性ばかりが問題にされるのは、女性が騒ぐからである。
 韓国だけが問題にされるのは、韓国人が積極的だからである。
 その結果、韓国慰安婦だけがクローズアップされた。
 日本政府の対応も火に油を注いだ結果になった。
 韓国だけにカネを出し、北朝鮮は無視した。
 日本人慰安婦も、その他外国人慰安婦も、すべての「男性慰安婦」も無視した。
 ようするに日本政府は、国際連合と同じことをしたのである。
 不公平に一部の者だけにカネを配ることが、争いの原因になるのである。
関連記事
スポンサーサイト