FC2ブログ

記事一覧

森友文書改竄問題で最も悪いのは誰か?

 森友文書改竄問題だけを見れば、悪の元凶は安倍昭恵夫人である。
 が、昭恵夫人は悪を誘発しただけで、自身が悪いことをしたわけではない。
 権力の重みを自覚していなかったのは失敗であるが、改竄という悪はすべて「総理の御意向」によるものであろう。
 昭恵夫人自身はいい人なのである。
「人それぞれが得意な分野を活かせる社会になればと思っている」
 弱い立場の人々にも共感できる弱い人なのである。
 だからこそ、総理は夫人を守らずにはいられないのである。
 彼女を守るためには、手段すら選ばなかったのである。
 愛しい女性を守るためには、部下さえも切り捨て、歴史すら冒瀆(ぼうとく)したのである。

 私は世論と違って昭恵夫人の証人喚問は求めていない。
 が、総理には、2つのことをしてもらいたいと願っている。
 1つ目は、言い訳せずに約束を守ることである。
「(自身や夫人が国有地売却に関与していた場合は)首相も国会議員も辞める」
 総辞職か解散すれば、責任を取ったことになるではないか。
 2つ目は歴史を守ることである。
 たとえ自身に不利な記事でも公文書に残し、異論を唱える者たちを弾圧しないことである。
 残念ながら、改憲はあきらめたほうがいいであろう。
 今進めたところで、
「総理は憲法まで改竄したいのか!」
 と、反発されるだけであろう。



森友学園
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
「歴史チップス」の桜田史弥です。

にほんブログ村 政治ブログ 世相批評へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村