記事一覧

トランプ米大統領にも見破られた安倍首相の仮面

 対日輸入制限を発動したトランプ大統領はこう言ったという。
安倍晋三首相と話をすると、ほほ笑んでいる。『こんなに長い間、米国を出し抜くことができたとは信じられない』という笑みだ(3/23時事通信)」
 多くの日本国民が不審がっていることに、ようやく彼も気づいたといえよう。 

 ウソをつけば、動揺するものである。
 ウソをついていない人と並べれば、判然とするものである。
 中には動揺しない人もいるかもしれない。
 いたとしても多数ではありえない。
 そのため、登場人物が多くなればなるほど、どちら側がウソをついているかが明白になる。

 森友問題、加計問題、財務省文書改竄問題、厚労省データ不適切問題、前川氏授業文科省介入問題などなど、これまで多くの総理側と反対側の人々が登場した。
 反対側の人々は堂々と発言していたのに対し、総理側の人々の言動はことごとくおかしかった。
 国民はみなわかっているはずである。
 すべての問題のラスボスは、総理しかいないということを。

 自民党全国幹事長会議にて、総理はまたこうすっとぼけたという。
「どうしてこんなことになったのか?」
 総理には、
「おまえのせいだ!」
 という敵味方すべての人々の心の叫びが聞こえないのであろうか?



安倍晋三
関連記事
スポンサーサイト