記事一覧

佐川宣寿前国税庁長官は官邸の走狗(そうく)ではなかったのか?

 ウソをつけば、動揺するものである。
 ウソをついていない人と並べれば、判然とするものである。
 中には動揺しない人もいるかもしれない。
 いたとしても多数ではありえない。
 そのため、登場人物が多くなればなるほど、どちら側がウソをついているかが明白になる。

 証人喚問での佐川宣寿前国税庁長官は、ウソをついているようには見えなかった。
 証言拒否は繰り返したものの、総理や官邸、昭恵夫人の関与はことごとく否定した。
「(総理や夫人や官邸からの指示は)ございませんでした」
 私はどうやら思い違いをしていたらしい。
 佐川氏の栄転は、改竄ではなく政権擁護の功績だったのであろう。
 よって、「指示はなかった」という彼の言葉は真実と思われる。
 彼は単なるダミーで、走狗は別にいたのである。
 野党は獲物をオリに入れるつもりが、逆に総理側の仕掛けたワナにハマってしまったのであろう。



佐川宣寿
関連記事
スポンサーサイト