記事一覧

柳瀬唯夫経産審議官(元首相秘書官)と「首相案件」の愛媛県職員はどちらがウソをついているのか?

 岩盤規制を破るなとは申し上げない。
 依怙贔屓(えこひいき)をするなと申し上げたい。
 加計学園問題で総理がやったことは岩盤破壊ではない。
 単なる依怙贔屓であろう!

柳瀬唯夫経産審議官と愛媛県職員はどちらがウソをついているのか?」
 これ一つ取ってもわかる。
 柳瀬唯夫経産審議官は記憶を喪失しているのである。
 愛媛県職員は備忘録を残しているのである。
 記憶がない人とメモを残す人――。
 ほとんどの人は、メモを残す人を信じるであろう。
 ところが総理は、記憶喪失の人を信じるという。
 こんな簡単な正邪の判断もできない、しかも時々記憶をなくすような人に、日本国民は国政の長を任せているのである!
 世界に大恥をさらしているのである!

 と、言いたいところであるが、安心していただきたい。
 総理は記憶喪失ではないであろう。
 本当はすべてを知っているが、それを言うと法的に責められるため、アホのフリをしているだけであろう。
 なぜなら、すべては「腹心の友」のために総理が命令したことだからである。
 権力という圧力でもって、下々の者たちに忖度させているだけであろう!



加計学園
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
「歴史チップス」の桜田史弥です。

にほんブログ村 政治ブログ 世相批評へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村