記事一覧

日本は対北制裁を主導すべきか?

 出る杭は打たれるのである。
 鳴くキジも撃たれるのである。
 猫に鈴をつけに行けと言われても、普通は行かないものである。
 それなのに、
日本対北制裁主導!」
 は、ない。

 制裁を受けた国の返答は、決戦か降伏しかない。
 制裁を主導するということは、決戦の場合は矢面に立たされるということである。
 今の日本がすべきことは「切り込み隊長」ではない。
 他国の後ろに隠れてでも、生き残ることであろう。
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
「歴史チップス」の桜田史弥です。

にほんブログ村 政治ブログ 世相批評へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村