FC2ブログ

記事一覧

今、改憲して得なことがあるのか?

 おかしな話である。
 参院選の主争点は、改憲ではなく、アベノミクスの是非だったはずである。
 にも関わらず、選挙が終わったとたん、何ゆえ改憲の話が前に出てくるのであろうか?
 自公政権は客が入ったとたん、「ウナギ屋」の看板を「アナゴ屋」にすり替えたということであろうか?

「盗塁しないよ」
 と、言って全然盗塁しなければ、投手から牽制球を投げられることはない。
「盗塁するよ」
 と、言って構えれば、投手から牽制球を投げられるであろう。
 別に、
「盗塁しないよ」
 と、言っていても、盗塁してもいいのである。
 そのほうが、警戒されている中で盗塁するより、成功しやすくなるであろう。
 これと同じことである。
 別に、
「戦争できないよ」
 と、言っていても、戦争してもいいのである。
 そのほうが、警戒されている中で戦争するより、勝ちやすくなるであろう。
 今、
「戦争できるよ」
 と、改憲したところで、何も得しない。
 中露北やテロリストから、雨のように「牽制球」を投げられるだけである。
 すでに新安保だけでも、十分な「牽制球」を投げられているではないか。
 日本人の「盗塁死」を、これ以上増やしてはならない。

 前述したように、今、問うべきは次の改憲ではない。
 大日本帝国憲法から日本国憲法への改憲が有効だったかどうかであろう。
 「無登録」の選手は、「判定」でもめることはできないのである。




関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の現代版です。

月別アーカイブ

  • Archives »