FC2ブログ

記事一覧

新聞社諸君は小銭欲しさに魂を売ったのか?


「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

 新聞社は墓穴を掘った。
 正義が勝つというのは幻想である。
 それでも、「奸佞(かんねい)の徒」が栄えるのを快く思う者はいまい。

 ラーメン店に行列ができていた。
 店主が、「加工食品さん」と「外食さん」の間に線を引いて、
「申し訳ございません。食べられるのはここまでですよ」
 と、謝った。
 しかし店主は、はるか後ろに並んでいた「新聞さん」にだけ耳打ちした。
「でも、あなただけ特別に食べられますよ」
 あからさまにこんな不公平が行われたら、他の客が怒るのは当然であろう。
 軽減税率で新聞社がやったことは、こういうことである。

「新聞は生活必需品だ」
 という意見には、激しく反論したい。
 新聞というものは、買わなくても読めるものである。
 図書館に行けばタダで見られるし、いろいろな店にサービスで置いてあるものである。
 そのため貧乏人は、初めから新聞など取っていない。
 貧乏人が買わない物が、生活必需品であるはずがない。

 飲食代に次ぐ生活必需品とは、水道代であり、服代であり、家賃であり、光熱費であろう。
 医療費、通信費、交通費、最低限の家具や家電、食器、文具などなど、新聞より必要な物はいくらでも思いつく。
 これらを差し置いて、何が、
「食品以外では新聞にだけ軽減税率を適用!どう考えても不自然だけど、ヤッター!」
 であろうか?
 国民はバカではない。
 新聞社諸君は、「蜘蛛(くも)の糸」を切ったことを思い知るであろう!




関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の筆者が最近のニュースにも口出しします。

月別アーカイブ

  • Archives »