FC2ブログ

記事一覧

フランスは9.11後のアメリカと同じことを始めるつもりか?


「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

 戦争は悪の巣窟(そうくつ)である。
 戦地に法などない。
 弱者は虐げられ、強者だけが生き残る。
 中でも相当の悪人が支配者になる。

 テロに屈してはならない。
 が、テロと戦ってはならない。
 戦ってしまったら、テロリストらの思うツボである。
 戦地を拡大させれば、不埒(ふらち)なヤカラの生息域も広がる。
 今日世界の混乱の一因は、9.11後のアメリカの報復攻撃に始まった。
 その轍(てつ)を、フランスは踏もうとしている。

 戦争で悪になるのはテロリストだけではない。
 有志連合もまた悪になっている。
 悪にならなければ、武力でヤツラを打ち負かすことはできない。
 シリアでは、仏露などの空爆によって多くの市民が死んでいるという。
 これらはすでに誤爆の域を超えている。
 過失ではなく、故意でやっているとしか思えない。
 
 残虐行為の理由は、難民問題であろう。
 すでに欧州へ押し寄せる難民は飽和状態にある。
 これ以上の難民を出さないためには「間引き」が必要なのであろう。







関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の現代版です。

月別アーカイブ

  • Archives »