FC2ブログ

記事一覧

「文民統制(シビリアンコントロール)」は死語になったのか?


「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。


 文民統制は死語になったのではない。
 死んでいたことがバレちまっただけである。
 いつ死んだかではない。
 そんなものは初めから存在しなかったのである。

 文民統制とは、アメリカが大日本帝国を武装解除するための方便の一つに過ぎなかった。
 日本国は文民に統制されていたのではなく、アメリカの軍人に支配されていたのである。
 だからといって、アメリカは日本を守ってきたわけではない。
 韓国に竹島が攻め盗られた昔も、中国に尖閣が脅かされている今も、米軍は迎撃する素振りさえ見せない。
 アメリカという国は、甘い汁は吸うが、苦い汁は吸わないのである。
 アメリカだけではなく、どこの国民でも外国民のために命を投げ出そうと思う人は少ないであろう。
 それを義務付けようとする安保法制は、自衛隊の士気を下げるものである。
 士気を下げないためにはカネが必要であるが、文民に重税を課する以外に方法はあるまい。
 こうして文民が衰退し、軍部が台頭すれば、将来何が起こるかは予想できるというものであろう。




● 新安保法制 ●

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の筆者が最近のニュースにも口出しします。

月別アーカイブ

  • Archives »