FC2ブログ

記事一覧

いまだ原爆が第二次世界大戦を終わらせたと勘違いしているアメリカ


「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

 アメリカは勘違いしている。
 第二次大戦を終わらせたのは原爆投下ではない。
 昭和天皇の「御聖断」である。

「御聖断」は日本国民を救っただけではない。
 日本以上にアメリカを救ったのである。
 あのまま本土決戦に突入していれば、アメリカは日本に勝つことはできなかった。
「一億総ゲリラ」と化した日本人を前に、アメリカの占領など永遠にかなわなかった。
 たとえ何発原爆を落としたところで、地上戦に持ち込まなければ進駐はできない。
 地上戦では甚大な国力を消耗することは、硫黄島や沖縄などで承知済みであろう。
 米軍が地上戦で勝ち切れないことは、戦後の諸戦でも明白であろう。
 アメリカが占領できなければ、日本のお宝や技術を奪うことすらできなかった。
 カネもない、カネも奪えないアメリカが、現在のような超大国になることは不可能だったであろう。

 確かに昭和天皇の「御聖断」は平和をもたらした。
 が、日本がベトナム並みのゲリラ戦に持ち込んでいれば、今頃は日米の立場は逆転していたかもしれない。
 少しでも本土決戦をやっていれば、今日のように地上戦を経験した沖縄と、経験していない本土とが分断されることはなかったであろう。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の現代版です。

月別アーカイブ

  • Archives »