FC2ブログ

記事一覧

安保法案強行採決はどこへ向かうのか?


「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

 米英は日本の友達ではない。
 出会いは米英の脅しで始まった。
「仲良くしないとたたくよ」
 日本は無理やり仲良くさせられたのである。
 そんな脅迫者が、友達であるはずがない。
 日本は米英から逃げようとしたこともあった。
 でも、すぐに捕まってボコられ、監禁のち軟禁されてしまった。
 そんなDV連中が、友達であるはずがない。
 日本は米英とは政治的には従属関係にあるのである。
 政治的に「親米」「親英」というのはありえず、「従米」「従英」の誤りである。
「従米」「従英」ということは、「保守」ではない。

 石原慎太郎元都知事が新国立建設の資金繰り案を出したという。
 いい案だと思うが、それは建設費ではなく、全額選手育成に使うべきである。
 それにしても、石原元都知事は米英に対してNOと言えない。
 あの「尖閣都有化発言」もアメリカで仕掛けたものであった。
 このことは、彼が「従米派」であることと関係あるであろう。

「従米派」を批判しているわけではない。
 怖い怖いアメリカの前では、誰しもが従米派である。
 反米派であったとしても、たたかれれば死を選ぶか、従米派に変わらざるをえない。
 何も恥じることはない。
 日本人は幕末以来、一貫してそうやって生きてきたのである。

 もし米軍に代わって自衛隊が中国の海洋進出を阻止すれば、中国は自衛隊を攻撃し、日本に経済制裁を仕掛けてくるであろう。
 もしアメリカ行きのミサイルを日本が撃ち落とせば、原発をねらって北朝鮮のミサイルが飛んでくるであろう。
 もし米軍を襲ったテロリストを日本が討ち取れば、日本本土でもテロが頻発するようになるであろう。
 つまり日本は、アメリカのせいで修羅に引き込まれるのである。
 が、これら悲劇はまだマシである。
 中国も北朝鮮もテロリストも、瞬時に日本を破壊することはできない。
 瞬時に日本を破壊することができるのは、唯一アメリカだけなのである。
「アメリカのためにカネを出せ!血を流せ!いうこと聞かないと、石器時代にしちゃうよ」
 アメリカにそう脅されたら、日本は何も反抗できない。
 日本は進退窮まったのである。
 進んでも退いても、たどりつくのは地獄しかないのである。



● 新安保法制 ●



関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
歴史チップス」の筆者が最近のニュースにも口出しします。

月別アーカイブ

  • Archives »