FC2ブログ

記事一覧

神戸連続児童殺傷事件の犯人「酒鬼薔薇聖斗」の手記の出版はアリか?


「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

 感情的に見れば、ナシであろう。
 理性的に見れば、アリであろう。
 歴史的に見れば、アリであろう。

 東日本大震災の遺構を残すか残さないかと同じであろう。
 出版の是非はともかく、どんな形であれ記録は残すべきである。
 感情は関係者の死で終わるが、歴史はずっと続くのである。
 負の遺産も残してこそ、後世の糧になるであろう。

 日本史を揺るがせた殺人事件は多い。
 崇峻天皇、蘇我入鹿、源実朝、護良親王、足利義教、織田信長、吉良義央などなど、襲われた人の名前を挙げれば、襲った人の名前もついて出てくるものである。
 ところが、近代に入ると出てこない。
 近現代の暗殺事件の黒幕はほぼ不明であり、実行犯すら思い出せないのである。
 その理由は、大権力が意図的に名前を隠しているからであろう。
 歴史において名前は最重要である。
 登場人物の名前を出さずして、いかにして舞台公演を始めることができようか?



● 非行味 ●

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の筆者が最近のニュースにも口出しします。

月別アーカイブ

  • Archives »