FC2ブログ

記事一覧

インスタグラムに鯨肉画像を投稿して非難されたケイティ・ペリーさん

 旅先で珍しい肉が売っていれば興味を引くであろう。
 鹿肉や鴨肉や猪肉を見慣れない人が見つければ、写真ぐらい撮るであろう。
 それと同じことである。
 アメリカ人が鯨肉を見たのでびっくりしただけのことであろう。
 彼女は何も悪いことをしていない。
 むしろ、靖国参拝したジャスティン・ビーバー君のように、郷に入れば郷に入る来日外国人の模範であろう。

 欧米人はインド人から、
「牛を食うな!」
 と、言われたところで何食わぬ顔で食い続けるであろう。
 欧米人はムスリムから、
「豚を食うな!」
 と、言われたところで何食わぬ顔で食い続けるであろう。
 それなのになぜ日本人は、欧米人から、
「鯨を食うな!」
 と、言われると、遠慮してしまうのであろうか?
 維新時、日本人は牛豚を食らう欧米人を気味悪がっていた。
 それでも、日本人は我慢して受け入れたのである。
 欧米人もまた、日本人に合わせるべきではないのか?

 いい加減アメリカは捕鯨を悪く言うのはやめるべきである。
 幕末、まだ新興国であったアメリカが欧州列強に遅れを取ることなく日本で利権を得ることができたのは、捕鯨をやっていたおかげであろう。
 もうじき、アメリカはTPP交渉で日本を打ち負かすであろう。
 日本は返礼として、鯨肉を輸出しまくるべきである。




● 捕鯨&シー・シェパード ●


関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の筆者が最近のニュースにも口出しします。

月別アーカイブ

  • Archives »