FC2ブログ

記事一覧

ドローンによる犯罪対策で最優先すべきことは何か?


「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

 ドローン犯罪の脅威については先述した。
 守るべきはカネよりも人命である。
 起こしにくい犯罪よりも、起こしやすい犯罪の対策を優先すべきである。

 最優先は放火対策であろう。
 他の犯罪をドローンにさせるのは困難であるが、放火なら容易である。
 地上から放火されれば気づきやすいが、屋根から放火されれば気づきにくい。
 屋内でドローンを操作されれば、防犯カメラにも映らない。
 放火現場を見つけても、ドローンだけでは目撃情報にはならない。
 現行犯逮捕しようにも、ドローン相手では手錠もかけられない。
 近年、国内企業は空洞化しているにもかかわらず、工場火災がやけに目立つ。
 今までの放火事件のすべてがドローンによるものではなかったと誰が断言できるであろうか?

「重要施設が最優先」
 官は「蜘蛛の糸」を切るべきではない。
 官がまずやるべきことは「ドローン販売使用禁止令」の発令であろう。
 何も永久に売らせるな使わせるなと申しているわけではない。
 法整備と悪用対策が整うまでの話である。
 それとも官は、業者からの「杜子春」に陥落するつもりであろうか?




関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の現代版です。

月別アーカイブ

  • Archives »