FC2ブログ

記事一覧

中国主導のアジアインフラ投資銀行に日本はどう対抗すべきか?


「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

 中国経済は落ち目である。
 落ち目だからこそ、アジアインフラ投資銀行創設を思い立ったのである。
 もっと早くから落ち目であった日本もそうすべきであった。
 今からでも遅くはない。やるべきである。

 日本はアジアインフラ投資銀行に対抗して「世界インフラ投資銀行」を創設すればいい。
 アジア開発銀行のようなアメリカ主導のものではなく、今度こそ日本主導の国際銀行を創るのである。
 基軸通貨は円にするのである。
 公用語は日本語にするである。
 総裁は日本人にするのである。
 本部は大阪に置くのである。
 なぜ東京でなくて大阪なのか?
 大阪は列強蹂躙(じゅうりん)以前の日本経済の中心地であったからに他ならない。

 大阪にはちょうどいい場所がある。
 カジノ誘致など、考え直すべきである。
 ギャンブルのような何も生み出さないものよりは、ものづくりを支える世界一の国際銀行をつくるべきであろう。





関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の現代版です。

月別アーカイブ

  • Archives »