FC2ブログ

記事一覧

外務省の「海外安全ホームページ」の危険判断は甘すぎるのではないか?


「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

 人間はデジタルではない。
 アナログなのである。
 国民が聞きたいのは安全かどうかである。
 危険度など示されたところで、調整の仕方が分からない。

 危険度の表記もふざけている。

  レベル0(白色) 
  レベル1(黄色) 十分注意してください。
  レベル2(薄オレンジ色) 渡航の是非を検討してください。
  レベル3(オレンジ色) 渡航の延期をお勧めします。
  レベル4(赤色) 退避を勧告します。渡航は延期してください。

 何だこれは!
 2と3にいたっては、自己責任かどうかも判らないではないか!

 また、テロリストどもの標的である欧米がそろいもそろってレベル0(真っ白)というのもおかしい。
 実際にテロが起こっている国が真っ白というのはありえない。
 理由は察することができる。
 外務省は欧米に手心を加えているのである。

 外務省が「不正」を行っている以上、国民は自分の身は自分で守るしかない。
 中東北アフリカは赤色である。
 欧米はオレンジ色である。
 あとは全て黄色以上である。
 この方が、不正な情報よりはよほど信用できるであろう。



● チュニジアテロ事件 ●

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の現代版です。

月別アーカイブ

  • Archives »