FC2ブログ

記事一覧

後藤健二さんも殺害した「イスラム国」


「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。


 軍事支援は味方だけに行うものである。
 人道支援は敵味方を区別しないものである。
 敵であっても病人やけが人は看る義務があるし、民間人に敵味方の区別はない。
 したがって、有志連合だけに支援をすれば、軍事支援と見られても仕方あるまい。
 それでも日本は「人道支援だ」と言い張った。
 イスラム国は日本を試したのであろう。
「そんなに人道支援だと言い張るなら俺達にも支援してくれよ。有志連合に2億ドル出すのなら、俺達にも同額出せ」
 しかし日本がイスラム国を支援することはなかった。
 そのため人道支援ではないことがばれて、湯川さんは殺されてしまったのであろう。
 後藤さんの場合はイスラム国の計算通りではなかったはずである。
「パイロットを殺したら、リシャウィら死刑囚を処刑するぞ」
 脅していたはずのヨルダンに脅し返されたため、パイロットを殺すことができなくなって後藤さんが代わりに殺されてしまったのであろう。

 後藤さんの死については、どうにも無念としか言いようがない。
「罪を償ってもらう」
 安倍政権はイスラム国が売ってきたケンカを買うつもりであろうが、三途の川の後藤さんは、
「買うな!」
 と、叫んでいることであろう。
 米英はイスラム国の蛮行を非難したが、内心では、
「俺達と同格の恨まれ仲間が増えたぜ」
 と、喜んでいるであろう。



● イスラム国日本人人質事件 ●


関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の筆者が最近のニュースにも口出しします。

月別アーカイブ

  • Archives »