FC2ブログ

記事一覧

イスラム国に殺害された湯川遥菜さん


「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

 極悪なのはイスラム国である。
 が、日本政府にも失望した。
 人質二人を助ける方法がありながら、実行しようとしなかった。
「イスラム国からは何の連絡もない」
 何を待っていたのであろうか?
 これを待っていたのではなかったのか!
 その証拠に、誰一人としてシリアに入ろうとする人はいなかった!
 人質の身代わりを申し出る者もいなかった!
 個別的自衛権を行使することもしなかった!
 結果、国内に蔓延したのは「自己責任論」である。
 何が自己責任であろうか?
 二人を危機に追いやったのは、安倍政権が進めた右傾化諸政策の結果ではないか!
 
 日本政府は二人を見捨てたに等しい。
 後藤さんだけでも救うためには、イスラム国に命乞いするより他はない。
 イスラム国の人々も今まで後藤さんを見てきて分かったであろう。
 彼はイスラム国に刃を向けるようなことはしまい。
 イスラム国にとっても、殺すより活かしたほうが後々役に立つはずである。
 後藤さんも、全力で命乞いすべきである。
 赤ちゃんを抱く前に死ぬことは許されない。
 処刑人に泣きついてでも、どんな手を使ってでも生き延びてほしい。
「イスラム戦士になるから!」
 今日明日座して死を待つよりは、その方がマシであろう!





関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の筆者が最近のニュースにも口出しします。

月別アーカイブ

  • Archives »