FC2ブログ

記事一覧

外国民にカネを出したために日本国民が殺されてもいいのか?


「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

 テロには屈してはならない。
 テロリストに出すカネなどビタ一文もない。
 一方で、人質の命は救うべきである。
 人質は二人だけではなく将来の人質もある。
 二人は終わりではなく、始まりなのである。

 両方をかなえる方法は一つしかない。
 テロリストにはカネを出せないが、中東に出すカネは引っ込めることができる。
 テロリストは、
「俺達の敵国に2億ドル出したんなら、俺達にも2億ドルよこせ」
 と、要求してきているのである。
 中東にカネを出すのをやめれば、自動的にヤツらの要求は無効になる。
 もう一つ、神道界と仏教界も、
「キリスト教とイスラムの戦いに神道界と仏教界は関与しません」
 と、高らかに宣言すべきである。
 彼らとて、キリスト教界の支配は望んでいまい。

 仏教神道教徒が大半な日本がキリスト教の聖戦に参加することなどありえない。
 総理も十字軍がいつから戦っているかは御存知であろう。
 永遠に匹敵する戦いに、子々孫々まで日本国民を巻き込むようなことは絶対にしてはならない。
 総理は日本の総理であろう!
 欧米の手先である前に、日本国の内閣総理大臣であろう!
 この国を守ることができるのは、総理の決断だけなのである!
 外国民にカネを出したために日本国民が殺されることなど、断じて許していいはずはないであろう!



● イスラム教スンニ派過激派武装組織「イスラム国」 ●



関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の筆者が最近のニュースにも口出しします。

月別アーカイブ

  • Archives »