FC2ブログ

記事一覧

ナンパ師ジュリアン・ブランク氏「白人男なら日本の女性になんでもやりたい放題できる」「東京でのナンパ術はハメるだけ」「六本木は肉市場」

 彼が勧めているのはナンパではなくセクハラであろう。
 が、セクハラというものは、女性が嫌がらなければそうならない。
 イケメンとブサメンとの間に幅があることは確かである。
 彼はそこを突いているつもりのようだが、寸止めにはなっていない。

 ただし、彼の言う通り日本の女性がおとなしいことは確かであろう。
 女性だけではない。男性も含めて日本人全体がおとなし過ぎるのである。
 日本の民は、こんなにも外国から侵されているのに、こんなにも外国人から犯されているのに、こんなにも内外からカネを盗られているのに、全然怒らないではないか!
 日本人は平和国家というものを勘違いしているのである!
 確かに日本は不戦国家には違いない。
 しかし、食料調達・恋愛・学業・仕事・老後、人生何にするにおいても全て戦いなのである!
 戦いを回避して生きることは不可能だということを、日本人はもっと自覚すべきであろう!
 
 まあ、無理に起こさなくともいつかは目覚めるものである。
 今の日本の民は、アメリカに羊の皮をかぶせられて眠っているだけなのである。
 眠っている者は起き上がるものである。
 その証拠に、昔の日本の民は、全然おとなしくはなかった。
「日本開闢(かいびゃく)以来、土民の蜂起(ほうき)これ初なり」
 かの正長の土一揆以降、ついこの間の戦前まで、日本の民は暴れまくってきた!
 いじめたいヤツはいじめていればいい。
 いつか必ず後悔する時が来るであろう!

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の現代版です。

月別アーカイブ

  • Archives »