FC2ブログ

記事一覧

陸自が民間車両を攻撃するのはアリか?

 日本は平和である。 シリアでは、この程度では誤爆にもされないであろう。 シリアでは、大勢の人が死んでもごまかされている状態なのである。 非核保有国ばかりがなぜこんなつらい思いをしなければならないのであろうか? 日本も非核保有国なのである。 願わくば、来年も再来年も平和であってほしいものである。...

続きを読む

パソコンを打ったことがない桜田義孝五輪相がサイバーセキュリティー担当相を兼任するのはアリか?

 官邸のスジの話。「総理」「なんだ?」「桜田さんはダメっす」「……」「だって、パソコン打ったことがない人がセキュリティー担当相ですよ」「いいじゃないか別に」「例えるなら、総理が共産党委員長になるようなもんですよ」「……」「これでも適任と言うんですか?」「……。わかった」「わかってくれましたか」「私が共産党委員長になればいいんだな?」「!」...

続きを読む

第二次世界大戦を終わらせたのは原爆なのか?

 前述したが、第二次世界大戦を終わらせたのは原爆ではない。 昭和天皇の御聖断が終わらせたのである。 私は今日の日本の平和を現出した御聖断を批判するつもりはない。 しかしこの御聖断が、「原爆が戦争を終わらせた!」「核は最強だぜ!」 という誤った解釈を世界に広めてしまったのは事実であろう。 あの時、日本はまだ戦えたのである。 確かに海軍はボロボロになっていたが、ほぼ無傷の陸軍が中国国内で展開していたの...

続きを読む

政府の「移民政策」はアリか?

 外国人労働者の受け入れなど政府の「移民政策」には賛否両論ある。 両論あるゆえに実験が必要になる。 しかもこの実験は簡単に終われるものではない。 長期にわたる検証が必須になる。 移民政策については、弊ブログでも何度か紹介している持論がある。 いわゆる「竜宮城計画」である。 移民をいきなり日本国内に受け入れるのではなく、まずは「準日本国」で実験するのである。 日本の領海は広い。 人工島を造る場所など...

続きを読む

なぜ日独伊で地位協定の差があるのか?

 元枢軸国三国のうち、最悪なのは日米地位協定であることは周知であろう。 が、その理由は、「独伊はNATO加盟国だから」 ではない。 本当の理由は、第二次大戦末期、日本が連合国にとって唯一の敵だったからである。 大戦末期には独伊は連合国の一員として日本に宣戦布告していたのである。 アメリカが早くに味方になった独伊と最後まで抵抗した日本に差をつけたのは当然であろう。●日米地位協定●...

続きを読む

米中間選挙の結果は世界にどう影響を与えるか?

 大差ないであろう。 本音と立前は表裏一体である。 右か左に傾けば、元に戻ろうとするものである。 太古からの功罪が繰り返されるに過ぎない。...

続きを読む

「東京五輪関連予算は1500円」で「四国は離れ小島」なのか?

 素晴らしい話である。 ぜひ、1500円だけでやってもらいたいものである。 そうすれば、浮いたお金で五輪ボランティアに最低賃金以上を支払えるではないか。 四国は離れ小島というのは基準の問題であろう。 アメリカ人や中国人たちは、日本そのものを「離れ小島」と思っているであろう。...

続きを読む

トルコのエルドアン大統領「(カショギ氏殺害の指示は)サウジ政府の最高レベルが出した」

 官邸のスジの話。「総理」「なんだ?」「カショギ氏暗殺事件のことですが」「新情報か?」「トルコのエルドアン大統領が殺害指示は『サウジ政府の最高レベルが出した』って言ってますが」「だろうな」「でも、『最高レベル』って、何かの事件か問題でも聞きましたよね?」「……」「何でしたっけ?」「……」「あ!」「……」「す、すみませんっ、私としたことが……。これこそ秘中の秘、総理の御意向で誰にも内緒な首相案件でした」「そ...

続きを読む

安倍首相は女性を見る目がないのか?

 官邸のスジの話。「総理」「なんだ?」「片山さつき大臣が文春から砲撃されてますが」「やまない砲撃はない」「下々の者たちは、『総理は女を見る目がないのか』とか、うわさしてますが」「ないかもしれんな」「ですか」「オトコは得意なんだが」「!」●片山さつき●...

続きを読む

安田純平氏救出でカタールはシリアの武装組織に身代金を支払ったのか?

 身代金を支払ったとしても口にできるわけがない。 口にすれば、テロ組織支援を公にすることになるからである。 もちろん、日本政府がカタールにカネを出せるはずはない。 カネを出せば、間接的にテロ組織を支援してしまうことになるからである。 おそらく、カタールは武装組織に何らかの援助をしたのであろう。 そうしなければならない理由があるからであろう。 その理由とは、「リアル戦争ゲーム」に違いない。 サウジの...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
「歴史チップス」の桜田史弥です。

にほんブログ村 政治ブログ 世相批評へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村