FC2ブログ

記事一覧

北朝鮮の核やミサイルに日本はどう対処すればいいのか?

 安倍政権は現実を見るべきである。 改憲という「紙くずの修正」など何の意味もない。 現状で日本を守る唯一の方法は、核保有である。 北朝鮮は絶対に核放棄しない。 ミサイルも廃棄するはずがない。 韓国は全然当てにならない。 それどころか、敵に回る可能性のほうが大きい。 将来的に北朝鮮と一体化することも公言している。 アメリカも当てにならない。 アメリカは日本に届くミサイルには興味はない。 北朝鮮は潜水...

続きを読む

安倍首相は憲法改正を実現できるのか?

 殺人は違法である。「刑法を改正しよう!」 殺人犯が殺人の合法化を唱えたところで、かなうことはあるまい。 多くの民が許さないからである。 これと同じことであろう。 憲法は官を縛る法である。 首相は縛られている官の長なのである。「憲法を改正しよう!」 首相が戦争の合法化を唱えたところで、かなうことはあるまい。 多くの民が許さないからである。 だからといって、改憲が実現しないとは限らない。 お得意の、...

続きを読む

韓国では何が起こっているのか?

 アメリカは韓国を中露朝陣営に寝返らせたくない。 寝返らせないために韓国に圧力をかけている。 韓国の検察をそそのかせたのは、アメリカであろう。 文在寅(ムン・ジェイン)政権も気づいているが、敵本主義である。 敵はアメリカではなく、日本だと偽っている。 反日のほうが情が法を超えやすいと見たからであろう。 が、何度でも言うが、日本が曹国(チョ・グク)氏らの不正を暴けるはずはない。 表に裏に日韓両政権を監視...

続きを読む

憲法9条には米軍を明記すべきか?

 自衛隊には違憲論争がある。 が、しょせん論争だけである。 明らかに違憲なのは、米軍だけである。 違憲を正したければ、憲法9条には米軍を明記するだけでいい。 自衛隊はアメリカが創らせたのである。 自衛隊は米軍よりも弱いのである。 米軍を明記すれば、自衛隊を明記する必要はなくなるであろう。●明記●...

続きを読む

北方領土奪還の前にビジネスはアリか?

 領土は国益の話である。 ビジネスは企業益の話である。 優先すべきは企業益より国益であろう。 税収にならないビジネスは意味がない。 企業にアメを配るということは、新税でも導入するつもりであろうか? 日本政府にはそんなつもりはサラサラあるまい。 そんなつもりがあるなら、企業(法人税)を減税し、消費者(消費税)を増税しないであろう。●北方領土●...

続きを読む

安倍政権に最も適した竹島奪還方法は何か?

「竹島を戦争で奪還しよう」 と、発言する人は好ましくはない。 が、もっと好ましくないのは、何一つ奪還方法を考えない人たちである。 竹島は日本固有の領土である。 このことを日本人は忘れてはならない。 竹島を奪還する方法は、戦争の他にもいくつかある。 中でも最も安倍政権に適している方法は、圧力であろう。 何しろ安倍政権は、圧力を駆使して内政を安定させてきたのである。 今こそ最強の得意戦法を、外交にも応...

続きを読む

竹島は戦争で奪還すべきか?

 日本は不戦国家とはいえ、自衛戦争は許されている。 が、戦争で竹島奪還は浅はかであろう。 竹島への攻撃は、サイバーだけで十分である。 日本の金融機関にある韓国政府名義の口座から、これまでの「レンタル料」を強制徴収するのも手の一つであろう。「日韓が争っても何の得もない」 という意見は誤りである。「日米韓でまとまらなければ」 というのは、日米の論理である。 日米韓vs.中露朝の構図は、朝鮮民族から見れば...

続きを読む

なぜ日本は竹島で離島奪還訓練をしないのか?

 富士総合火力演習は役に立っていない。 訓練は本番に備えて行うものである。 本番が起きている時は、本番を優先すべきであろう。 現に竹島などは占領されているのである。 韓国は日本領内で軍事演習をしでかしていたのである。 離島奪還訓練は、静岡より島根でやるべきであった。 何も武力で竹島を奪還しろとあおっているわけではない。 それをすれば、韓国による不法占拠と同レベルに成り果ててしまう。 竹島の通信を妨...

続きを読む

なぜ日米貿易交渉は負け続けるのか?

 日本に軍政権はないのである。 日本の軍政はアメリカに握られているのである。 そんな中、何が日米貿易交渉であろうか? 日本が貿易交渉で負け続けているのは、歴史が示しているではないか! 交渉が難航したところで、アメリカが一言脅せば決着してしまうのである。「言うことを聞かないのなら、石器時代にしてやろうか?」 アメリカにそう言わせないためには、日本も核保有するしかないであろう!●日米 交渉●...

続きを読む

韓国からの軍事情報は役に立っていたのか?

 役に立っていたとはいえまい。 混乱させただけであった。 カネがかかる情報だけであった。 破棄しようがしまいが、韓国は北朝鮮を害するような情報は出してこまい。 もう竹島で遠慮する必要もなくなったであろう。●軍事情報包括保護協定●...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の現代版です。

月別アーカイブ

  • Archives »