記事一覧

加計学園に便宜を図っていた柳瀬唯夫経産審議官(元首相秘書官)は記憶喪失なのか?

 忘れやすいのは仕方ない。 忘れやすい人におすすめしたいことがある。 備忘録を記しておけばいいのである。 柳瀬唯夫経産審議官は、忘れたのではない。 忘れたいのであろう。 会っていないのではない。 会っていなかったことにしたいのであろう。「自分の記憶の限りでは、愛媛県や今治市の方にお会いしたことはない」 一連の森友学園問題と同じである。 お友達が「やっかいな人」に裏返ったのである。 オセロのように次...

続きを読む

4件認定された栄和人至学館大レスリング部監督パワハラ問題

 内閣府のスジの話。「あのー、栄氏の件ですが」「どうした?」「パワハラには4件認定されましたが、これとこれとこれも認定すべきではないでしょうか?」「君。ここをどこだと思っているんだね?」「内閣府ですけど」「内閣総理大臣もなされていることは、パワハラには当たらないんだよ」「!」●栄和人●...

続きを読む

宝塚場所の土俵下で挨拶する中川智子宝塚市長

 私は失礼である。 相撲協会も失礼になればいいことである。「暗くなったらお化けが出るよ」 というのは、本当にお化けが出るわけではない。 子供を早く家に帰らせる方便なのである。「悪いことをしたら地獄に落ちるよ」 というのは、本当に地獄に落ちるわけではない。 悪いことをさせないための方便なのである。「女人を土俵に上げたら女神様が怒るよ」 というのも同じであろう。 本当に女神様が怒るのではなく、力士を惑...

続きを読む

女性が土俵に上がると何か良からぬことが起こるのか?

 神は寛容である。 人が寛容ではないのである。 女人禁制の起源は、人の問題であろう。 神の問題であるはずがない。「女性が土俵に上がると女神様が怒るから」 人が勝手に神のせいにしただけである。 本当は神が怒るのではない。 人が起こるのである。 女性が土俵に立つと、男性が土俵で立つのである。 公然と取り組みが続けられない格好になってしまうのである。 現代人は女人禁制の意味を取り違えている。 女人とは美...

続きを読む

大谷翔平選手メジャー二刀流デビュー

 官邸のスジの話。「総理」「なんだ?」「大谷翔平選手がアメリカで打者でも投手でもデビューしました」「すごいね。打ちまくって投げまくってほしいよね」「総理は打たれまくっても政権を投げませんけど」「ほっとけ!」...

続きを読む