記事一覧

瀕死(ひんし)になっても「過去の栄光」に固執している民進党に未来はあるのか?

 昔、双羽黒という横綱がいた。 双葉山と羽黒山という両名横綱の何にあやかった期待のホープであったが、彼は一度も優勝することなく、ある事件を起こして角界を去っていった。 民進党の先行きも同じようなものであろう。 民進党とは、小沢一郎氏の新進党と鳩山由紀夫氏の民主党の名をくっつけたものであろう。「政権交代を三度!」 その気があるにも関わらず、民進党の人々は小沢氏や鳩山氏を尊敬していない。 ただ二人を追...

続きを読む

ロボット兵器開発は止められないのか?

 ロボット兵器は地球にとっては安全であろう。 人間にとっては危険であろう。 最も危険なのは、ロボット兵器開発に反対する人間である。 ロボット兵器たちにとって、これらほど排除しなければならない存在はない。 ロボットに倫理観を植え付けようとするのも危険である。 地球にとって最も排除しなければならない存在は、人間だからである。●ロボット●...

続きを読む

北朝鮮は米戦略爆撃機「B1B」を恐れているのか?

 ある家庭のスジの話。「ママ~」「なあに?」「『ビーワンビー』って、なに~?」「……」「『ビーワンビー』って、なになに~?」「……」「ケッ!だまってるってことは、しらないんだ~」「知ってるわよ!」「じゃあ、『ビーワンビー』って、なになにな~に~?」「……。敏腕&B。つまり、ブルゾンちえみ with Bのことよ」...

続きを読む

米韓合同軍事演習「乙支(ウルチ)フリーダムガーディアン」おっぱじめ

「ママ~」「なあに?」「『ウルチフリーダムガーディアン』って、なに~?」「……」「『ウルチフリーダムガーディアン』って、なになに~?」「……」「ケッ!だまってるってことは、しらないんだ~」「知ってるわよ!」「じゃあ、『ウルチフリーダムガーディアン』って、なになにな~に~?」「……。ウンチ踏んだらかいでいやんって意味よ」...

続きを読む

対北制裁という愚行を日米はいつまで続けるつもりなのか?

 人間は自然にはかなわない。 経済も同じであろう。 人工の制裁は、自然の市場にはかなわない。 対北制裁は顕著な例である。 日米韓が制裁したところで、中露がもうけるだけである。「でも、今回は中露も制裁決議に賛同したよ」 それは表向きだけのことである。 特に中国は、カネもうけだけしか考えていない。 経済は需要と供給の関係なのである。「頼むよ~。どこも買ってくれないから、色々安くしときますよ~」 北朝鮮...

続きを読む